img

手形・足形アートで1歳のお祝いを家族みんなで楽しもう!

img

手形・足形は、お子様の「今」をくっきりと残すことが出来る素晴らしい成長記録です。大きくなってから見返す楽しみも生まれます。手形・足形にひと手間加えて「手形アート」についてご紹介します。1歳をお祝いする記念日ケーキは、是非スマッシュケーキ.comでお買い求めください。

自宅で簡単!手形・足形の取り方

自宅で簡単!手形・足形の取り方

自宅で簡単に手形・足形を取る場合、粘土や石膏を使う方法とインクで写し取る方法があります。

粘土や石膏を使う

石膏や粘土で手形・足形を取るキットもありますが、専用のものを使用しなくても100円ショップの紙粘土でも代用可能です。紙粘土は、ひび割れしにくいタイプのものを選ぶと失敗がありません。枠を使う場合は枠の中に、なければ平らな場所に粘土を伸ばし、手や足を押し付けます。あまり薄く伸ばしてしまうと形も薄くなってしまうので注意しましょう。また、記念日であれば形の裏や隅に日付や名前などを彫るのもおすすめです。あとは乾かせば完成です。

インクや絵の具を使う

スタンプの要領で手形・足形を取っていきます。スタンプ台のインクを付けても良いですが、水性絵の具のほうが自由度は高いといえます。手や足に水で溶いた絵の具を塗り、紙にスタンプすれば出来上がりです。記録として残したい場合は、サイン色紙などの厚紙に取るときれいに仕上がり、裏写りもありません。

手形アートを楽しもう!

手形アートを楽しもう!

何かに見立てる

お子様の気の向くまま、自由にスタンプさせてみましょう。手形・足形が何かの形に見えたらアート制作開始です。

親指が長い鼻、4本足の象さんに見えたら、大きな耳やしっぽを書き足しましょう。パパとママとお子様3人の手形があれば、親子象の出来あがりです。動物だけでなく、乗り物や植物に見立てたアートもおすすめです。

あらかじめテーマを決めて写す

「足形をひっくり返してお腹の部分が白いペンギンさんを作りたい」といったように、はじめからテーマを決めて作る方法もあります。土踏まずから指の付け根ぐらいを丸く残して絵の具を塗ってスタンプすれば、望み通りの足形が出来あがります。あとは可愛らしいお顔や手を書き足してあげましょう。

メッセージカードにする

1歳の記念として、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントにするのも良いアイデアです。手形・足形だけでも喜んでもらえますが、例えばお子様の写真の背中に羽根のように見立てた手形を配置してみるのもおすすめです。

1歳の誕生日は、成長の記録として手形・足形を取る他、スマッシュケーキでお祝いください。スマッシュケーキ.comでは、可愛い記念日ケーキを販売しています。記念日ケーキを触ったり食べたりする姿を撮影して、大切な1歳の誕生日を記録に残しましょう。